ツヤのある巻き髪をつくるにはホットカーラーとアイロンでどちらを使うべき?

美容師実践0円ヘアケア
うさね
うさね

ツヤのある巻き髪ってどうやってつくるのが良いか案内していくよ。

うさに
うさに

巻き髪をつくるには、アイロンとホットカーラーがあるけど、どっちのが良いのか迷うよね。そんな疑問、ホットカーラーのメリット、デメリットについて案内してくれるんだね。

結論で言うと

使用前に流さないトリートメントを付けて、アイロンで仕上げましょう!そして最後につや出しスプレーをかけるのがベスト!

補足

髪の毛に癖をつけるためには高温+素早くは鉄則

ホットカーラーは低温で時間をかけて、じわじわと癖をつげます。

低音でじっくりの方がダメージもありますが、水分が飛んでしまうのでパサついてしまいます。

実はヘアアイロンで高温で一気に癖をつける方ががダメージは少ないんです。

お肉を焼くときに高温で焼いた方がジューシーな仕上がりになり、低温でじっくり焼いた方がパサパサになるのと同じようなものです。

しかしホットカーラーにもメリット、良い使い方があるので下で説明していきます!

最近の主流

そのため最近ホットカーラーは市販でもあまり見なくなりました。

美容室にアイロンが浸透したというのがあります。縮毛矯正などのアイロンを使って髪を変化させるという技術が浸透、進化してきたことが理由です。


20、30年前に流行った為、ホットカーラーのが馴染みがあり使いやすいという方もいると思います。

しかし、アイロンのが新しいと言うことで主流になっているだけではなく、髪の毛の事を考えてもアイロンの方が良いことが多いです。

そのため美容室でもホットカーラー的なものを使っているところはもう見ないですね。

ホットカーラーのメリット

  • トップにボリュームを出したい時や
  • 後頭部に丸みを出したい時
  • ロングよりもショートカットの方が使いやすい。
  • 火傷などの心配がありちょっと不器用だなぁと思う方。
  • ホットカーラーをしながら他の作業ができる。

ホットカーラーのデメリット

  • 艶が出にくい。
  • どのぐらいカールをつけるかが難しい。
  • プリンッした仕上がりになりにくい。
  • キープ力が弱い。
  • 長く放置すぎるとダメージが多く出てしまう。

まとめ


どっちかと選ぶならヘアアイロンがオススメ。
どちらも多少は髪が痛むので、使用前に流さないトリートメントをつけましょう。

かてよかブログ | 美容のプロが選ぶヘアケア かってよかった みてよかった いってよかった
ヘアケアについて かってよかった 使ってよかったなどご紹介いたします。

プロフィール

美容師歴20年以上のうさりです。

父、母、兄弟全員美容師の美容一家です。

5歳から美容師になろうと思い、高校在学中に通信の美容学校入学。高校卒業後に美容室に就職。

気が付けば美容師歴美20年以上となり、様々なシャンプー、トリートメント、アウトバストリートメントを使用してきました。

沢山の商品を使った知識をお届け致します。

忖度なしに、人気のシャンプー、トリートメント、アウトバス、スタイリング剤、ヘアケア用品などのオススメ、成分分析、総評、ヘアケアの疑問、髪質改善についてなどを皆様にお届けできればと思います。

また、ご自宅で簡単にお金をかけずに出来るケア方法などお届けしていきます。

旦那のうさにも、10年以上美容関係で従事しており、その知識を活かし一緒に総評しております。

他にも髪質改善と髪の悩みや疑問について載せているので、よろしければご覧になってください!

参考文献:晋遊舎ムック 美髪最強バイブル

コメント

タイトルとURLをコピーしました