冬の乾燥対策!髪の毛には何の暖房器具が良い?

髪質改善とヘアの疑問

12月から1月になるにつれて更に寒くなってくるよね。日本の冬の寒さのピークは1月から2月上旬くらいだね。この時期暖房器具を使うとさらに乾燥を感じて、髪の毛もぱさぱさになるよね。なんの暖房器具が髪の毛に乾燥対策になるか説明していくよ。

結論で言うと

電気毛布、こたつ、電気カーペットなどを中心に使うのがベスト!なんと電気代も安いのが良いです。

加湿機能のないエアコンはなぜ空気を乾燥させるのか

加湿機能のないエアコン、暖房は空気を直接温めることで、部屋全体の温度を上げることができます。

水蒸気などは発生しないです。空気中の水分の量は増えずに温度が上昇する時に、空気中に溶け込める水分の量が増えるということが起きます。


水分は部屋の中にあるものも空気中に移動していきます。

人体や髪の毛からも水分が移動して髪の毛が乾燥してしまうと言うことが起きます

つまり


部屋全体を温めない。暖房器具、電気毛布やこたつといったものが髪の毛の乾燥には1番良い。暖房器具となります

電気毛布やこたつは髪だけではなく家計にも優しい

着れる電気毛布⤵

一時間あたりの電気代


電気毛布:1円
こたつ:5円
床暖房:8から38円(初めあたたまるまでが高い)
電気カーペット:7円
電気ストーブ:10から32円
エアコン:20から40円
セラミックヒーター:27円

さらに乾燥から守るには

加湿器を使う


日本の冬はとても乾燥しています。自然にしていてお部屋に水分が補充されると言う事はありません。観葉植物などは置くと若干湿度は上がるでしょう。より湿度を上げるには加湿器を使うのが1番手っ取り早いですが、加湿器がない場合は濡れタオルなどを部屋に干したり、お湯を沸かしたりするのもいいです。

洗浄力が高いシャンプーで洗いすぎない


石油系の回目活性剤などは無し。緑がとても強いので特に乾燥しやすいです。洗浄力が高いと必要な皮脂も落としてしまうので、より乾燥の原因となります。

長くお風呂に入らない


熱いお風呂に長く入ると、日下溶けるということが起きます。歯が溶けることで乾燥しやすくなります。冬に熱いお湯と言うのは気持ちいいですが、40度以下のぬるめのお湯で適度な時間入るのが保湿と言う面にはいいです。

まとめ


髪の毛の乾燥対策や家計にやさしいのは電気毛布一択!これを知ってから我が家では、電気毛布をかぶっております。

電気毛布やこたつなどを使って髪の毛の乾燥対策をすると良いでしょう。

また、加湿器や濡れタオルなどを使ってお部屋の保湿をすると言うことも大事です。

オススメ着れる電気毛布についてこちらに総評しました⤵

プロフィール

美容師歴20年以上のうさりです。
父、母、兄弟全員美容師の美容一家です。
5歳から美容師になろうと思い、高校在学中に通信の美容学校入学。高校卒業後に美容室に就職。
気が付けば美容師歴美20年以上となり、様々なシャンプー、トリートメント、アウトバストリートメントを使用してきました。
沢山の商品を使った知識をお届け致します。
忖度なしに、人気のシャンプー、トリートメント、アウトバス、スタイリング剤、ヘアケア用品などのオススメ、成分分析、総評、ヘアケアの疑問、髪質改善についてなどを皆様にお届けできればと思います。
また、ご自宅で簡単にお金をかけずに出来るケア方法などお届けしていきます。
旦那のうさにも、10年以上美容関係で従事しており、その知識を活かし一緒に総評しております。
他にも髪質改善と髪の悩みや疑問について載せているので、よろしければご覧になってください!

かてよかブログ | 美容のプロが選ぶヘアケア かってよかった みてよかった いってよかった
ヘアケアについて かってよかった 使ってよかったなどご紹介いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました