石鹸タイプのシャンプー、シャンプーバーのメリット、デメリットについて

美容師が総評シャンプー

うさに
うさに

昔からあるけど、最近シャンプーバー(石鹸タイプの固形のシャンプー)が新たに注目されているよね。メリット、デメリットについて説明して行くよ。

石鹼タイプのシャンプー、シャンプーバーとは

最近はラッシュや、百貨店、ハンズ、ドラッグストアなどで良く見るようになりました。

昔から固形タイプのシャンプーっていうのはあったんだけど最近再注目させております。
石鹸!?と思う方も多いかもしれませんが、最近は海外のセレブなどにも人気のようですよ。

そもそもなんでシャンプーは液体で、石鹸は固形なの?

水が混ざっていれば液体になり、水が混ざっていないと固形になる。
成分が薄まっていないという事が大きな特徴です。

シャンプーバーのメリット

  • 水など余計なものが入っていないぶんコスパが良い。
  • 環境に優しい。
  • 頭皮や髪にも優しいものが多い。

シャンプーバーは液体でないため、ボトルなどゴミが出る事がなく環境に優しいです。また水を使用していない為、限りある資源の水を大切にしております。
水が入っていない分、運送のコストもあまり掛かりません。
プラスチックごみや、水など環境に最も優しいシャンプーです。

シャンプーバーは水が入っていない分、成分がぎゅーーーッと,詰まっております。そのため凄く少量でかなり泡立ちます。


多くのシャンプーというのは、殆どが水なんです。


シャンプーの9.8.割りぐらいは水と言います。たまにもうちょっと濃い濃度のものもおりますが。

シャンプーバーは、固形であり水が入っていないということで菌が殆ど繁殖しません。


そのため余計な添加物や、保存料を入れなくてすみます。余計な成分が入っていない為、髪や頭皮に余計な負担をかけなくてすみます。

また、泡立ちが不足によるすすぎのこしなどもない為、痒くなるなどの頭皮のトラブルも起きにくくなります。

シャンプーバーのデメリット

  • 使用量が分かりずらい。
  • 溶けやすく、使った後の管理をちゃんとしないといけない。
  • 管理をしないと溶けてすぐなくなってしまう。
  • 海外のものが多く、税金がのっかっていることが多い。

石鹸と同じ感じなので、ところ使っていてどのぐらい使ったかがわかりにくいです。何度か使っていれば感覚が掴めてくるのですが、初めはたっぷり使いがち。なぜなら、シャンプーバーは普通の石鹸よりちょっと柔らかめです。そして、お風呂の高温多湿の,ところに置いておくとちょっとだけ溶けてしまいます。柔らかい状態でせっけんの感覚で使えと、贅沢使いになってしまいます。

おすすめ管理方法↓

100均で売っていましたが、泡だてと、使用後はそのままひっかけて石鹼を干すことができます!

超便利アイテムです!

シャンプーバーは、まだまだ日本で馴染みが少ないです。ドラッグストアなどではあまり販売されておりません。

私は以前はこちらの、タイプのシャンプーバータイプを使用しておりましたが廃盤になってしまいました。今は液体タイプのみになってしまって残念です。お値段はちょっと高めですが、敏感肌の家族用にケアケア用と他にも併用しておりました。

オススシャンプーバーについてはこちら


障害のある方が、社会貢献の意味もあり良いものを安く作っている様です。ある程度の利益はあるはずですが、コスパはかなりいいでしょう!
何か人の役に立つという思いで作られた製品の様です。

まとめ


デメリット、メリットを良く踏まえてシャンプーバーは試してみると良いでしょう!一度試してみると、普通のシャンプーよりこちらのが良いという人は必ずいるはず!

プロフィール

美容師歴20年以上のうさりです。
父、母、兄弟全員美容師の美容一家です。
5歳から美容師になろうと思い、高校在学中に通信の美容学校入学。高校卒業後に美容室に就職。
気が付けば美容師歴美20年以上となり、様々なシャンプー、トリートメント、アウトバストリートメントを使用してきました。
沢山の商品を使った知識をお届け致します。
忖度なしに、人気のシャンプー、トリートメント、アウトバス、スタイリング剤、ヘアケア用品などのオススメ、成分分析、総評、ヘアケアの疑問、髪質改善についてなどを皆様にお届けできればと思います。
また、ご自宅で簡単にお金をかけずに出来るケア方法などお届けしていきます。
旦那のうさにも、10年以上美容関係で従事しており、その知識を活かし一緒に総評しております。
他にも髪質改善と髪の悩みや疑問について載せているので、よろしければご覧になってください!

かてよかブログ | 美容のプロが選ぶヘアケア かってよかった みてよかった いってよかった
ヘアケアについて かってよかった 使ってよかったなどご紹介いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました